うつの主な症状|うつの予防に最適なチェック方法|症状や治療法を理解しよう

うつの予防に最適なチェック方法|症状や治療法を理解しよう

女の人

うつの主な症状

レディー

普段からマイナス思考である人、または仕事が忙しく常に時間に追われている人などは、うつを発症しやすいと思われることが多いでしょう。間違いではありませんが、一見健康的な生活をしているような人にも症状が現れることがあります。リーダーシップをとることが上手い、または人一倍責任感を抱くようなタイプの人は、必要以上にプレッシャーを感じることが多くなるため、それがストレスとなりうつを発症することがあるのです。しかし、ストレスを発散することが出来れば心と体のバランスは上手に保てます。ストレスを感じた場合は趣味に没頭する時間を設けたり、スポーツなどで体を動かしたりと、楽しめる物事への取り組みを積極的に行なうことも最適です。中には元気なように見えて精神状態が不安定になっているというケースも少なくありません。チェックを行なっていれば心の状態を判断する材料になります。自分は大丈夫だと思い込むのではなく、少しでも異常を感じた場合は身の回りの人に相談したり、医療機関を受診したり、出来るだけ早めの対処を心がけることが大切です。

うつの症状には様々な種類があります。普段は何事もなく過ごせるのに突然悲しい気持ちに苛まれる、何をするにも無気力であるなど、人によって現れる症状が異なるものです。しかし、無気力や睡眠障害、食欲不振など、明らかに普段と違うような症状が見られた場合はうつの可能性があると言って良いでしょう。チェック項目はあくまでも目安程度ですが、世界共通で行なわれている判断基準として知られているため、試してみることに価値があると言えます。激務が続いている際などはこまめにチェックを行ない、心と体のバランスが崩れていないかをしっかり確認しておくと良いでしょう。睡眠障害などは初期症状と言えますが、頭痛や動悸、またはめまいなどの症状はうつが重度になりつつあることを示している可能性が高いため、心当たりがあるなら専門医にしっかり診察してもらわなければいけません。

ストレスの有無に関わらず、一度うつを発症すると症状は徐々に重くなっていく傾向にあります。症状を改善するには適切な治療を受ける以外に選択肢はありません。中には医療機関を受診せずに普段の生活を続けるという人も居るのですが、この場合命の危険があるケースも考えられるので、自己判断は禁物です。自分自身で判断出来ないならチェックを試し、その結果を参考にするのも悪くありません。医療機関でうつと診断された場合、ほとんどの人は専門的な治療を受けることを指示されます。会社や学校などを一定期間休むことも症状改善には必要なことです。医師の話をよく聞き、自分に必要な治療を検討することが大切になりますが、1人だけではなく家族や友人などにも協力してもらうことで心のケアをしっかり行なえるのです。周囲の人たちに理解を求めることはストレスを軽減させるポイントになります。現在では企業も積極的にケアに努めるようになっているため、休養を必要とするなら相談してみましょう。